ネット馬券の購入方法3つ!クレジットカードも使えるよ

クレ子
もうすぐ有馬記念だね!楽しみだな~

クレ助
へえ、意外だなあ。クレ子ちゃん、競馬好きなんだ

ギャンブルはあんまり興味ないんだけど、お馬さん見るのが好きなんだ~。可愛いもん♪

お~、クレ子ちゃんらしいなあ

どうもこんにちは!陰の競馬好きのクレジットカードライフ管理人、HAGEです。

思い返せば小学生の頃、「風のシルフィード」という少年マガジンで連載していた漫画にハマって以来なんで、競馬中継を見始めて20年以上になりますね。いつの間にやら、歳を取ったもんです。

かと言って、クレ子ちゃんと同じ様に、ギャンブルにはそこまで興味が無いんですよ。馬が走ってるのとか、血統とかを見るのが好きなタイプです。それでも、大レースがあれば、好きな馬の馬券はファンとしては買っておきたいとばかりに、G1の馬券だけは欠かさず購入しています。

でも、田舎住まいなので、中々中央の競馬場には行けません。ウィンズも無いし…。そんな時に役立つのがインターネットを使っての投票です。

今回は、このインターネットでの馬券購入、ネット馬券の買い方を見ていきましょう!

スポンサードリンクス

公式サービスを使いこなそう

競馬場のおじさん

何だかんだで馬券はギャンブルです。となると、中には怪しい非公式のサービスもありますが、こうしたものを使うのはやっぱり怖いですよね。

と言うことで、今回はJRAの公式サービスをご紹介したいと思います。

インターネットを使って馬券を購入するには…

  1. JRAダイレクト(ジェイアールエーダイレクト)
  2. 即PAT(ソクパット)
  3. A-PAT(エーパット)

以上の3通りの方法がありますので、それぞれをお伝えしていきますね。

どれも登録はJRA公式サイトの以下のページから出来ますよ^^
JRA公式サイトのネット購入インフォメーション

まずは、クレジットカードを使えるJRAダイレクトからご紹介します!

クレジットカードライフっぽい情報だね!

JRAダイレクトとは!

前述のとおり、クレジットカードを使えるのが魅力のインターネット投票システムで、JRAと提携している会社のクレジットカードを持っていれば利用可能です。
(◎JCBカード◎三井住友カード◎UCカード)

特徴としては…

  • 登録・利用共に即日可
  • パソコンからの購入が可能(スマホ不可)
  • 馬券購入は発走時刻の5分前まで
  • 馬券の発売開始は金曜日の18:30
  • 1000円以上から利用可能(1口は100円単位で大丈夫)
  • 月50000円までの利用制限あり
  • 利用手数料が毎回100円掛かる
  • 1日3回まで購入可能

といったところです。

カードが使えてポイントが貯まるのでその分お得と言いたいところですが、残念ながら毎回手数料が掛かってしまうので、結構な額を買わないとむしろ損なのが痛いところですね(1%の還元率なら、毎回1万円以上)。

とは言え、振込みの手間が掛からないのは魅力と言って良いでしょう。

ただし、家族カードや法人カードでは利用不可ですので要注意。また、1日3回までと、他の2つと比べて購入可能回数が圧倒的に少ないので、ヘビーユーザーには向いていない方法です。

スポンサードリンクス

即PATとは!

「即」と名前が付いているとおり、登録したその日から使えるのが魅力のインターネットでの馬券購入方法ですね。先ほどのJRAダイレクトも即日なのですが、こちらはクレジットカードを持っていなくても大丈夫!

代わりに、JRAの指定する銀行の口座を持っている事が必要です。A-PATだと登録するのに専用の口座を作る必要がありますが、即PATでは口座を持ってさえすればオッケーですよ。

■以下のいずれかの銀行口座が必要

○楽天銀行
○ジャパンネット銀行
○三井住友銀行
○三菱東京UFJ銀行
○住信SBIネット銀行

こちらの特徴は…

  • 登録・利用共に即日可
  • パソコンだけでなく、スマホでも購入可能
  • 馬券購入は発走時刻の1分前まで
  • 馬券の発売開始は金曜日の18:30
  • 100円から利用可能
  • 金額的な利用制限は無い
  • 利用手数料も不要
  • 1節あたり300回まで購入可能(節とは土日開催だとその2日間を指す)

以上のとおりです。

購入可能回数が非常に多いので、ヘビーユーザーでも使いやすいですね^^

口座は必要ですが、後述するA-PATと比べて登録が本当に楽なので、「クレジットカードをどうしても使いたい!」という人以外には圧倒的におすすめの方法です。

A-PATとは!

基本的な特徴は、即PATとほぼ同じです。

魅力としての違いは、電話(プッシュホン)での購入が可能なこと。インターネット環境が無くとも自宅で馬券を買える唯一の方法ですね。

ただし、比較するとデメリットと言えるポイントが2つあります。

  • JRAの指定する口座をイチから開設する必要がある
  • 登録から利用まで約2ヶ月掛かる

こちらを使うのは、電話での購入環境が必要な場合のみ。

時間が掛かること、銀行口座を新たに作る面倒さを考えると、ネットで馬券を購入したいという場合はワザワザ選ぶ必要はありません^^;
(対応銀行は即PATよりも多いです。上記のJRAサイトをご参照ください)

ちなみに、プッシュホンで購入する場合は、販売終了時刻が発走の1分前から5分前に変わりますので注意が必要です。

と、様々な特徴を挙げて来ましたが、バラバラだとちょっと分かりにくいかもしれませんね。そこで、ここまで書いてきた特徴を表にしてしまいたいと思います。

スポンサードリンクス

違いを表でひとまとめ

 JRAダイレクト即PATA-PAT
必要なもの提携クレジットカード提携銀行口座の保有提携銀行口座の作成
利用開始までの期間即日即日約2ヶ月
購入端末パソコンのみパソコンとスマホ・ガラケー即PAT+プッシュホン
発売締切時間発走5分前発走1分前発走1分前
発売開始日金曜日18:30金曜日18:30土曜日7:00
最低購入金額1000円100円100円
利用制限金額50000円/月なしなし
利用手数料100円/回なしなし
購入可能回数3回/日300回/節300回/節

登録は⇒公式サイトの専用ページ

一番のおすすめは即PATですね。他の2つと比べると、制限が最も少ないと言えます。ネット馬券なら、恐らくは利用者数も一番多いのではないでしょうか。

私もこちらを使っています。昔から楽天銀行を利用していましたから、何の障害もなく始める事が出来ました^^

JRAダイレクトはクレジットカード、A-PATは電話と、必要な条件がある場合のみに選ぶものだと思っておけば良いですよ♪

ところで、ここまで全部中央競馬のお話だよね。地方競馬だとどうなのかな。好きなお馬さんがいるんだけど…

ところで地方競馬は?

草をついばむお馬さん

全てのサービスではないですが、地方競馬の馬券も購入可能です。

使えるのは…

  • 即PAT
  • A-PAT

この2つです。

つまり、クレジットカードでの地方競馬の馬券購入は不可能。ですが、ネットでは購入できますよ。即PATだと、地方競馬の馬券発売日の全てで購入可能で、A-PATの場合は、主にJRAの開催日に限ります。

地方競馬目当ての方も、やはりネット馬券なら即PATの方が良いでしょう

ちなみに、私の地元にあった福山競馬場は閉場してしまったので、地方競馬に触れる機会が今後は無さそうなのが寂しい限りです…。


クレ子ちゃんは、驚きの地方競馬まで網羅した競馬ファンでしたが、今ではJRAはもちろんのこと、地方競馬の馬券もインターネットで購入することが可能な世の中になりました。

当サイト、クレジットカードライフのテーマ的には、カードが使えるJRAダイレクトをおすすめしたいところ。ですが、これから導入を考える方は、クレジットカードの利用にこだわらなければ、即PATの利用が一番楽でしょう。

提携の銀行口座こそ必要ですが、作るだけですからね。日数が掛からない分、A-PATよりも導入が気楽です^^

私は好きな馬が出ているG1の単勝馬券を毎回1000円分だけ購入するのですが、そんな買い方だから見事に負け越し(笑)

だけど、2006年に当時好きだったメイショウサムソンがダービー馬になった時は嬉しかったな~。そういえば、初めて予想が当たったのもダービー。1996年のフサイチコンコルドでした♪(小学生だったので馬券は買えなかったけど)

スポンサードリンクス


関連記事


おすすめ記事

登場人物

クレ子ちゃん

クレ子ちゃん
新卒3年目のちょっとだけ天然な社会人。
まだまだ給料は少ないけど、クレジットカードを上手く使って日々のやりくりをしている。

クレ助くん

クレ助くん
クレ子ちゃんの同期社員。
お金の管理がやや苦手で、クレジットカードも持っているだけという状態。クレ子ちゃんに気に入られようと、クレジットカードの勉強中。

HAGE

リアルのニックネーム
このブログの中の人。
数多のお金に関する失敗を乗り越え、クレジットカードを大活用中。
より良い使い方を求めていたら、いつの間にか本棚がクレジットカードに関する本だらけになっている。