クレジットカードは高校生でも作れる?在学中と卒業直後の考え方

クレ子
甥っ子が高校の修学旅行でハワイ行くんだって!

クレ助
豪勢だなあ。僕の時なんて、もちろん国内でしかもバス移動だったよ~

私も国内だったよ~。私のおばさんがね、海外だからクレジットカードがあった方が便利だって言ってるけど、高校生でも持てるのかな?

うーん、分からないな~。HAGE君に聞いてみよう!

こんにちは、クレジットカードライフ管理人のHAGEです!

高校生にクレジットカードが必要かと言えば、大いに議論の余地があるかと思いますが、確かに修学旅行とか、ネットショッピングの利用が多いなど、あった方が嬉しい場合もありますよね。高校生本人でなく、親御さんでもそう感じる機会はあるはず。

今回の記事では、高校に在学中にクレジットカードを作れるのか、また、卒業した場合にはどうなるのかを順番にお伝えしたいと思います。何かしらの理由でクレジットカードが必要な状況であれば、ぜひ一緒に見ていきましょう^^

スポンサードリンクス

高校生可のクレジットカードは存在するのか!?

女子高生が勉強中

最も重要なポイントなので、結論から書いていきますね。

ずばり、高校生が在学中にクレジットカードを作る事は出来ません

規約上、クレジットカードはほとんどの場合、18歳から作れるのですが、どこのカード会社も「高校生不可」という旨を規約に記載しています。

と言うのも、クレジットカードは本質的にお金をカード会社から借りるものだから。これはキャッシングでなく、買い物をする場合も同じです。カード会社が先払いして、それを銀行口座から毎月支払うという仕組みですからね。

社会の通念上、お金を借りるには「収入があること」が絶対条件です

高校生は、基本的にまとまった収入はありません。アルバイトをしていたとしても、その収入が安定してるとは言えず、審査の対象にはならないのです。

とは言え、カードがあると便利な場合もありますよね。自分のカード、もしくはクレジットカードという事にこだわらなければ、解決策はあります。それは…

  • 家族カードを作る(ちょっと特殊)
  • 国際ブランド系(VISA, JCB)のデビットカードを作る

この2つ。それぞれを見ておきましょう。

スポンサードリンクス

クレジットカードの家族カードを高校生が持てる場合もある

親のクレジットカードで高校生の子の家族カードを作れば、子供名義のカードを持つ事は出来ます。この場合、もちろん利用料金が引き落とされる口座は親のものとなります。

ただし、家族カードでも基本的には「高校生不可」です。

唯一作成可能なのが留学するという前提がある場合。

カード会社によっては、高校生でも留学の際はカードが必要ということで、家族カードを発行してくれます。お手持ちのクレジットカードの会社に確認をするのが良いでしょう。

留学を斡旋してくれる業者は、この家族カードを作れるカード会社のリストを持っている場合もありますので、そちらに聞いて、新たにカードを発行するのもアリかと思います。

留学という特殊な状況のみですので、当てはまらない場合の方が多いかもしれませんね。そうした場合は次の解決策!デビットカードについて知っておきましょう。

国際ブランド系のデビットカードとは

VISA、JCBの発行するデビットカードというものがあり、他サイトではこれをクレジットカードとして扱っている場合が多いですが、厳密には全く違うものです。

  • クレジットカード:お金を一旦借りて、後から支払う
  • デビットカード:使ったタイミングで引き落とされる

言葉を選ばずに、最もシンプルにお伝えするなら上記のイメージ。デビットカードは支払いが直に銀行口座から行われます。ですので、発行はカード会社ではなく銀行です。

VISA、もしくはJCBに対応しているレジであれば、このカードでの支払いが出来ますし、海外での利用も出来ます。また、ネットショッピングも可能と、クレジットカードと機能の面ではほとんど変わりません。

収入が無いのにクレジットカードを持つ意味はありません。高校生には銀行口座と直に繋がっているデビットカードが一番向いていると言えるでしょう。口座残高以上の金額を使う事が出来ませんからね

■デビットカードを作るには

このカードは地銀では扱っていない場合が多いですが、全国区の大手銀行であれば大体どこも扱っています。

15歳から、16歳からと作れる年齢は銀行によって違いますが、高校生本人用の口座を作れば、その年齢に達している場合なら誰でも申し込むことが出来ますよ。お金を借りる訳ではないので、審査は不要です。

詳しくは、以前書いたこちらの記事を参考にしてください^^

クレジットカードとデビットカードの違い!今ではほとんど差が無い!?

留学という特殊な環境下以外では、高校生がクレジットカードを持つ事は不可能です。

そんな時は、デビットカードを解決策としてくださいね♪

18歳から持てるって事は、卒業したらどうなるの?
スポンサードリンクス

高校卒業後にはクレジットカードは作れる?

卒業式直後の写真

高校さえ卒業してしまえば、「高校生不可」の規約は当てはまらなくなりますね。と言っても、前述の通り、クレジットカードは収入があって初めて手に出来るもの。基本的には、仕事をしていれば(審査に通れば)作成可能です。

もしくは、大学生の場合、特例としてカードを作れる会社もありますね。

ただし、どちらの場合も親の承諾が必須です。また、親がカード代金の滞納などでブラックリストに入っていると、審査が通らない場合もありますので、注意が必要ですよ。

未成年でも働いていれば

未成年の場合でも、就労していればクレジットカードの審査対象になります。と言っても、アルバイトの場合はかなり厳しいです。安定した収入があって、初めてカードの作成は出来るものですからね。

正社員として雇用される場合、見込み年収が分かりますので、審査を通るというケースも多いですよ。アルバイトでしたら、少なくとも1年間は同じところで連続勤務して、提示出来る年収が無いとまず審査に通ることは無いと思っておいてください。

ただ、カード会社によっては条件が厳しいので、正社員であっても弾かれてしまう場合があります。基本的には審査が緩いとされるもの、もしくは若者向けのカードを選ぶのが良いでしょう。

  • 楽天カード
  • 三井住友VISAデビュープラスカード

この2つが上記の条件に当てはまる、お勧めのカードです。

大学生の場合

大学生はちょっと特殊。収入が無くとも、クレジットカードを作れたりします。

と言うのも、カード会社としては「大学生の内にカードを作ってもらえれば、社会人になっても自社のカードを使ってもらえる」という目論見があるから。

大学生の多くは卒業後に就職しますから、その後を見込んで会員を増やしておきたいという訳。また、仮に延滞されても、大学に通わせられる親がいれば取りっぱぐれは無いだろうという考えもあるでしょう。

ただし、大学生の内に作れるのは、基本的には学生専用カードのみ。安定収入が無いという理由で、通常のカードは審査の段階で断られてしまうのがほとんどです。

  • 学生専用ライフカード
  • JALカードnavi

こちらが個人的にはお勧めですね。とにかく学生向きの特典が多いのが魅力です^^

※専門学校生でも作る事は出来ますが、認可校以外の場合は不可能です


高校在学中にどうしてもカードが必要だったら、デビットカードを作るのが良いんだね!

ちょっと長い記事になってしまいましたので、要点をまとめておきましょう。

  1. 高校在学中はクレジットカードの所持は不可(留学時を除く)
  2. 高校卒業後は条件付きで所持することが可(親の承諾必須)

基本的に、高校生の内はどうやってもカードを持つ事は出来ません。どうしても必要な場合は、国際ブランド系のデビットカードを取り扱っている銀行口座を作り(もしくは元々口座があれば)、デビットカードを申し込む様にしましょう。

なお、家族だからと言って、親のカードを利用するのは重大な規約違反

もし盗難をされるなどして悪用されたとしても、使われた金額が保証されないなんてことも十分にあり得ますので、絶対に家族のカードは使わない様にしましょう。本当に危険ですよ!

スポンサードリンクス


関連記事


おすすめ記事

登場人物

クレ子ちゃん

クレ子ちゃん
新卒3年目のちょっとだけ天然な社会人。
まだまだ給料は少ないけど、クレジットカードを上手く使って日々のやりくりをしている。

クレ助くん

クレ助くん
クレ子ちゃんの同期社員。
お金の管理がやや苦手で、クレジットカードも持っているだけという状態。クレ子ちゃんに気に入られようと、クレジットカードの勉強中。

HAGE

リアルのニックネーム
このブログの中の人。
数多のお金に関する失敗を乗り越え、クレジットカードを大活用中。
より良い使い方を求めていたら、いつの間にか本棚がクレジットカードに関する本だらけになっている。