クレジットカードを他人に貸すのは危険!最悪の場合は…

クレ助
クレ子ちゃん、どうしてもトイレ行きたいから、このカードでお会計しておいてくれる?

クレ子
私がクレ助くんのカードで会計するの?それは絶対にやだ!

え、最終的に支払うのは僕なんだけど、それでも駄目なの…?

クレジットカードを誰もが持っているこの時代、当たり前の様に貸し借りをするという話を聞くことが多いです。

特に、クレ助くんの様に、会計時に軽い気持ちで友達や奥さんにカードを渡しているという方は沢山いるでしょう。確かに支払うのはカードの所有者に違いありません。だからと言って、安易に貸してしまうのは本当に危険です。

カードを保有する上で絶対に知っておきたい知識として、クレジットカードを他人が使うとどの様な事態になるのかについて、この記事では詳しく見ていきましょう。

スポンサードリンクス

他の人にカードを貸してしまったら

支払いをする男性
大前提として、どんなカードにも、「カードの利用は本人に限る」という様な旨が規約に記載されています。つまり、ルール上は他人どころか、夫婦や親子等、他人では無くとも自分以外はクレジットカードを利用出来ないということです。

クレジットカードは、あくまでもカード会社から会員に貸与されるもの。会員の所有物ではありませんので、他の人が使うと又貸しになってしまいます。合わせて、会員になる際の審査は「本人に支払い能力があるか否か」を見る為のものですので、本人以外が使う事は想定されていません。

ですので、会員本人以外がカードを使うと不正利用と判断されてしまいます。これは重大な規約違反。バレれば利用停止になってしまう可能性が十二分にあるんですよ。

夫婦で買い物をしてる時に、「先に車のエンジン掛けとくから、このカードで払っといて」と、夫が妻にカードを使わせるのもカード会社からしたら不正利用に変わりありません。

また、最近問題となっている、子供が親のクレジットカードでスマホのアプリに課金してしまう事も、やはり不正利用。子供が勝手に利用したと返金を求めても、管理不足と取られてしまい、お金が返ってくるケースはまずありません。

家族間でもこうなんですから、他人に貸すのはもっての外ですね^^;

■他人がサインした場合はどうなるの?

サインの確認は加盟店の義務です。つまり、会計をする店員さんがそのサインが本人のものか(裏面の文字と照らし合わせて)確認をしなければいけません。

もしも店員さんがこれを怠った場合、買い物自体は出来てしまいます(と言うか、そこまで確認しない人が多いです)。とは言っても、例えば盗難などの問題が出た時に、自分が利用した買い物分はサイン込みで確認されますので、何かしら問題が出てしまうでしょう。

他人がサインする行為自体が不正という事もありますし、やはり自分の筆跡のサインを残す事が大切なんです。

スポンサードリンクス

自分以外は使えない。これを絶対的なルールだと思いましょう。

そうだったんだ。ごめん、クレ子ちゃん…

最悪のケースでは

過去に他人名義のクレジットカードを使った人に「詐欺罪」の実刑判決が出た事があります。

知人から借りた(と判断出来る)カードでガソリンスタンドで給油をしたところ、本来カードでは決済不可な人が、スタンドの店員を騙してしまった。大まかに言えば、この様な判断をされたんです。

裁判所のデータベースから、判決文を引用しますね。

【要旨】以上の事実関係の下では,被告人は,本件クレジットカードの名義人本人に成り済まし,同カードの正当な利用権限がないのにこれがあるように装い,その旨従業員を誤信させてガソリンの交付を受けたことが認められるから,被告人の行為は詐欺罪を構成する。仮に,被告人が,本件クレジットカードの名義人から同カードの使用を許されており,かつ,自らの使用に係る同カードの利用代金が会員規約に従い名義人において決済されるものと誤信していたという事情があったとしても,本件詐欺罪の成立は左右されない。

要するに、カードの持ち主がカード利用を第三者に許可していても、それはあくまでも不正利用であり、詐欺だということ。

この例では、最終的にはカードの持ち主からガソリンの代金は支払われるという前提がありましたが、それでも駄目なんです。使えないはずのカードで、本来は支払えないはずの代金を支払い、ガソリンを手にしてしまったと言うのが問題なんですね。

詐欺罪は「10年以下の懲役」とかなり重い犯罪です。

この場合は、カードを使った側が被告となっていますが、貸した側も「不正利用をさせている」という事には変わりありません。軽い気持ちで行った事が犯罪の加担行為だった。こうならない様に、カードは絶対に自分だけが使う様にしていきましょう。


自分以外は自分のカードを使えない。これは大事なルールだよ!

貸してと頼まれたからといって、そうそう貸す方はいらっしゃらないでしょう。

しかし、文中に出した例の様に、軽い気持ちで会計を奥さんや友達に任して自分のカードを渡すだけでも、店側が問題視した場合、裁判などでは圧倒的に不利になります。

自分だけならまだしも、会計を任した相手まで巻き込んでしまうのは大変な事です

カードを使えるのは自分だけ。これをキモに命じて、安全安心なカードライフを送ってくださいね!家族にどうしてもカードが必要な場合は、家族カードを発行すればオッケーですよ^^

スポンサードリンクス


関連記事


おすすめ記事

登場人物

クレ子ちゃん

クレ子ちゃん
新卒3年目のちょっとだけ天然な社会人。
まだまだ給料は少ないけど、クレジットカードを上手く使って日々のやりくりをしている。

クレ助くん

クレ助くん
クレ子ちゃんの同期社員。
お金の管理がやや苦手で、クレジットカードも持っているだけという状態。クレ子ちゃんに気に入られようと、クレジットカードの勉強中。

HAGE

リアルのニックネーム
このブログの中の人。
数多のお金に関する失敗を乗り越え、クレジットカードを大活用中。
より良い使い方を求めていたら、いつの間にか本棚がクレジットカードに関する本だらけになっている。